ダンディハウス ひげ脱毛

ダンディハウス梅田本店のひげ脱毛を実体験

ダンディハウス梅田本店のひげ脱毛を実体験

 

カウンセリングの後はいよいよ施術開始です。

 

エレベーターで3階まで案内していただきます。

 

ダンディハウス梅田本店は2階と3階が施術室になっています。

 

とにかく広くて、スタッフの人数も豊富なので「予約が取れない」ということはまず無いとのお話でした。

 

 

 

エレベーターを降りると、「ここは高級ホテルか?」と見紛うばかりの内装。

 

シンプルながら、高級感が随所に感じられるんですね。

 

決してギラギラとしたいやらしさは無く、心地よい非日常感を味わえる空間といった感じ。

 

施術室もホテルの一室のようなシンプルで落ち着いた雰囲気です。

 

ロッカーと洗面台が完備されており、細かい心配りを感じます。

 

照明もやわらかい間接照明で、ほんわかとリラックスできそうです。

 

とは言え、これから脱毛を行ってもらうと思うと、いやがおうにも緊張感が高まってきます。

 

 

 

こちらが今回使用する機械になります。

 

この機械は市販に流通しているものではなく、ダンディハウス専用に開発された機械なんだそうです。

 

ちなみに、女性向けのミスパリでも同じ機械を使用して脱毛を行っているとのこと。

 

美容皮膚科などで行っている医療脱毛の場合、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、
ロングパルスヤグレーザーのほぼ3種類に限定されています。

 

つまり、機械が同じなので、どこでやっても同じ、値段の安い所の方がおトクってことになるんですね。

 

ダンディハウスの場合は、専用の脱毛器を使用しているので、
他の脱毛サロンやエステ、皮膚科では同様の効果は求められないということになります。

 

また、フラッシュ脱毛や光脱毛と違って、1本1本ヒゲを抜いていくワケですから、
施術者の技量の高さも求められます。

 

効果が高いにも関わらず、ニードル脱毛を行うところが少ないのは、
こういう理由もあるのかな、と思いました。

 

 

 

施術室内にあるロッカーには暗証番号キーが付いています。

 

これなら、施術中に人の出入りがあったり、途中でトイレに行ったりしても安心ですね。

 

 

 

まずは、ロッカー内に置いてある付属のガウンに着替えます

 

「ヒゲ脱毛なのに着替えなきゃいけないの?」と思ったのですが、
施術後、冷却する際に服が濡れてしまう可能性があるのだとか。

 

なお、胸毛や腹毛、脚の脱毛の際には、ボクサーパンツのような短パンに履き替えます。

 

思ったよりもガウンの丈が短くて、すね毛丸出しでちょっと恥ずかしいです。

 

 

 

ベッドに横になるといよいよ施術開始です。

 

今回ご担当いただいたのはなんとダンディハウス梅田本店のチーフの方です。

 

 

 

まず、握り導子と呼ばれる棒状の金属に塗れたティッシュを巻いたものを右手に握ります。

 

握り導子を握る事で、機械と身体が通電する仕組みになっています。

 

通電とか言われるとすごくビビりそうになるのですが、ピリピリとした刺激は一切感じません

 

この握り導子は施術中、ずっと握ったままです。

 

 

 

事前に洗顔などの必要は無く、脱毛箇所をアルコールで消毒していただいたら脱毛スタートです。

 

お試しの30分では、だいたい両頬などを自然な感じで脱毛していただけるそうです。

 

僕の場合、違いが分かるようにという事で、右側の頬だけを集中して30分脱毛してもらう事にしました。

 

ちなみに、今回担当して下さったチーフの方によると僕のヒゲは「すごく良い毛です」とのこと。

 

 

 

まず、ニードルで8秒から10秒ほど毛穴に電流を流します

 

ウィィィィィィィン、カシャッ、という音がしてから、エステティシャンの方が
ピンセットで電流を流した箇所の毛を取り除いてくれます

 

これが1本、1本手作業ですから、本当に大変な作業だと思います。

 

電流には強度があって、今回は中(普通の強度)で施術してもらいました。

 

目安として、8秒から10秒ということになっていますが、
やはりヒゲの太さや根の深さによって時間が微妙に変わってくるそうです。

 

 

 

「ニードル脱毛はとにかく痛い」という噂をネットで見かけたこともあったので、内心びくびくしながら
施術を受け始めたのですが、痛みはほとんど無いと言って良いと思います。

 

もちろん完全な無痛ではないし、痛みの感じ方には個人差があるので、「ぜんぜん痛くないよ」とは
言い切れませんが、痛みというよりは違和感といった方が近いかもしれません

 

じわじわじわじわとした違和感のようなものを感じて、毛を抜く際は「何かされているな」という
感覚はあるものの、毛を抜く痛さはありません。

 

もっと激痛を想像していたのですが、これなら全然余裕です。

 

 

 

ダンディハウスでは、肌の表面に見えているヒゲを一気に全て処理してしまう「一気処理」
というのを行っています。

 

1本を抜くのに8秒~10秒かかるワケですから、これがいかに気の遠くなるような大変な作業か。

 

実際に脱毛をしてもらってようやく分かりました。

 

 

 

20秒くらいの短い動画ですが、どのような感じで施術を受けているかが分かってもらえるかと思います。

 

 

 

脱毛した箇所がツルツルになっているのが分かりますか?

 

自分で毛抜きで抜いても、ここまでキレイに抜くことはできないと思います。

 

もはや、職人技と言っても良いのではないでしょうか?

 

 

 

30分でここまで脱毛できました

 

施術跡がほんのりと少し赤くなっていますが、このあと冷却してもらうので、問題ありません。

 

肌は赤くなっているものの、ヒリヒリとした痛みなどは全く感じ無かったです

 

人によっては、違和感を感じたり、熱を感じたりする方もいるそうですが、僕は大丈夫でした。

 

それにしても、ツルツルになりましたね!!!

 

 

 

正面からの写真がコチラ。

 

施術直後ということもあり、若干、右の頬がプクっと腫れているような感じでしょうか。

 

たった30分ですが、かなりの広範囲にわたって脱毛できたことが分かります。

 

何がスゴイって今回脱毛した箇所からヒゲが再び生えてくる可能性が限りなくゼロに近いという事です。

 

 

 

実際に抜いたヒゲを見せていただきました。

 

1本、1本、けっこうな長さのあるヒゲであることが分かります。

 

僕の場合は、皮膚のけっこう深いところからヒゲが生えているそうで、
こういうヒゲの人は剃っても青ヒゲになってしまうんだとか。

 

逆にいえば、ひげ脱毛をすることで、青ひげも解消されるという事なんです。

 

正直、たった30分の脱毛でこんなに変るものなのかと、かなり衝撃を受けました。

 

 

 

続いて、脱毛した箇所を冷却して、炎症を抑えてもらいます。

 

脱毛時間30分、冷却時間30分ですから、脱毛と同じくらいアフターケアも徹底しています。

 

炎症を抑える作用のあるジェルを塗っていただき、その上から化粧水でパックしていただきます。

 

この化粧品も全てダンディハウスのオリジナル商品なんですよ。

 

 

 

さらに、ローションパックの上から、氷水で冷やしたタオルで肌を冷却します。

 

枕元に置いてあるのが今回使用した化粧品ですが、ピリピリとした刺激は一切ありませんでした

 

この作業を何度か繰り返して、冷却完了となります。

 

 

 

施術直後にあった赤みや腫れもほとんど消えて分からなくなりました

 

ただ、やはり毛を抜いているので、色々と注意点があります。

 

 当日は洗顔フォームを使用した洗顔は行わない
 お風呂に入ってはいけない(シャワーはOK)
 シャンプーの際は脱毛箇所にかからないように注意する
 脱毛箇所の翌日のヒゲ剃りは控える

 

などなど。

 

個人的には、秋冬もしくは冬春から始めると良いかな、と思いました。

 

汗をかきやすい夏場などは、施術前に入浴を済ませておいた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

施術後は再びカウンセリングルームで肌のチェックをしてもらいます。

 

自分でも驚くぐらい、脱毛後の肌がツルンとして、若返ったような感じです。

 

施術前にあったシャーペンの芯のようなヒゲがすべて無くなっているのが一目瞭然ですが、
マイクロスコープでよく見ると、まだ生えてきていないヒゲが黒い点で分かります。

 

最初の3カ月~6カ月間、週に1回~2回の処理を繰り返すことで、
肌の表面に見える濃くて太いヒゲを大幅に減らす
ことができるそうです。

 

ところで、エステと言うと強引な勧誘や「このままじゃダメですよ」といった
脅しをかけられるんじゃないかって不安、ありますよね。

 

今回は30分のお試しを受けたワケですが、入店してから施術が終わるまで、
強引な勧誘をされたり、否定的なことを言われたりすることは全くありませんでした

 

施術後も、「じっくり検討していただければ結構ですよ」といった感じで、
不快感は一切感じ無かったです。

 

店内ですれ違う、エステティシャンの方々も皆さんにこやかな笑顔で「こんにちは」と挨拶をして下さって、
始終とても気分良く過ごすことができました。

 

 

 

当初は「ニードル脱毛=激痛」というイメージだったのですが、実際に施術を受けて
そのイメージはガラリと変わりました。

 

 ニキビやアトピー体質でカミソリが使えない
 とにかく今すぐツルツルにしたい
 光脱毛やフラッシュ脱毛をしたけれど、毛が生えてきてしまった

 

こんな悩みを抱えているのであれば、断然ニードル脱毛だと思います。

 

また、ヒゲ脱毛以外にも、「旅行やデートまでに胸毛や腹毛を無くしたい」という時にも、
かなり良いと思います。

 

光脱毛やフラッシュ脱毛だと半年から1年の余裕を持って処理をしないといけませんが、
ニードル脱毛なら、今日施術すれば今日ツルツルですからね。

 

ダンディハウス梅田本店は、本格的なエステということで緊張していたのですが、
実際に行ってみると、とにかく「快適」の一言です。

 

一度行ってしまえば、あとは気軽にリラクゼーションサロンへ行くような軽い気分で通うことができそう。

 

また、ダンディハウスの会員になっていれば、全国のどこのダンディハウスでも
施術を受けることができる、というのもかなり魅力的ですね。

 

効果が高い分、お値段は他の脱毛と比較すると高めなのですが、
一生ヒゲ剃りの煩わしさから解放されるのであれば、アリかな、
と思います。

 

色々なヒゲ脱毛で試行錯誤しているのであれば、スパッとニードル脱毛してしまった方が、
かえって安上がりかもしれません。

 

 

>>ダンディハウスの無料カウンセリングに申し込む

 

 

ダンディハウス梅田本店に行きました 記事一覧

ダンディハウス梅田本店の外観・館内

「男の脱毛モニター大募集!」「初回体験フルコース5,000円」公式サイトの期間限定キャンペーンに魅かれ、「ダンディハウス梅田本店」に行ってきました。東京、神奈川、北海道、愛知、大阪、広島、福岡など全国各地に展開されているダンディハウスですが、梅田本店はダンディハウスの中でも関西最大級のサロンです。期...

≫続きを読む

ダンディハウス梅田本店での無料カウンセリング

 ダンディハウスの美容電気脱毛は痛くないのか? 何回ぐらい施術を受ければ効果を感じることができるのか? ツルツルにするにはどれくらいの費用がかかるのか?実際に施術を受けるとなると、やはり不安になり、あれこれ長々と質問してしまいました。僕の些細な質問にも時間をかけて、丁寧に応えていただきました。今回は...

≫続きを読む

ダンディハウス梅田本店のひげ脱毛を実体験

カウンセリングの後はいよいよ施術開始です。エレベーターで3階まで案内していただきます。ダンディハウス梅田本店は2階と3階が施術室になっています。とにかく広くて、スタッフの人数も豊富なので「予約が取れない」ということはまず無いとのお話でした。エレベーターを降りると、「ここは高級ホテルか?」と見紛うばか...

≫続きを読む

ダンディハウス梅田本店の店内紹介

店長さんのご厚意で、他の部屋も見せていただきました。ダンディハウス梅田本店は大阪の中心地で道路沿いにあり、かなり目立つので、関西人なら「以前から気になっていた」という人も多いのでは。僕自身、店舗の前を通るたびに気になっていましたwこちらが共通の洗面台になります。奥にはソファが置いてあるので、待合場所...

≫続きを読む

ダンディハウス梅田本店の店長に聞きました

ひげ脱毛の施術終了後、ダンディハウス梅田本店の店長さんとじっくりお話しすることができました。答えにくいであろう質問に対して、一つ一つ真摯にご回答いただけた事で、より理解度が深まりました。お忙しい中貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。Q.ダンディハウスでひげ脱毛をされる男性の年齢層や...

≫続きを読む


ダンディハウス ゴリラクリニック RINX(リンクス)